〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX 052-832-5851

MAIL shouwa-museum@spice.or.jp

展示のご案内EXHIBITION

現在の展示           過去の展示 / 次回の展示


令和3年下期展
 「余白をうつす」
同時開催 パネル展「万葉の歌をつなぐ書写本の謎」 

会期 2021年 9月18日(土)〜12月5日(日)
休館日 祝日をのぞく月曜日・火曜日(9/20、11/23は開館)
9月22日[水]と11月24日[水]は休館いたします。
開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館受付は午後4時までです)
内容  令和3年下期展では伝世の茶道具や和歌懐紙や書写本を中心に展示いたします。
渡来品の少ない余白、たっぷりととった余白が目を引く和歌の掛軸、また、緊張感漂う絵付けの繊細な磁器、そしてシンプルな造形の茶碗のシルエット。
本質ではないはずの余白が描き出す部分に目を留めてみると、その部分が豊かな情感を作り出していることに気付かされます。余白の作り出す部分を不要な部分として鑑賞の対象から外してしまうのはもったいないのです。
余白をいかす日本文化独特の感性で培われ、伝えられてきた品を通して豊かな情緒をお楽しみください。            
         
|展示予定品|
    品名     |  制作年代     
熊野懐紙 源家長筆  正治2年(西暦1200年)|重要文化財
美字透香合          中国 清時代 |
朝鮮唐津一重口水指     江戸時代初期 |九鬼家伝来
紀州本万葉集        鎌倉時代・室町時代 |重要文化財
        他(全33点を展示) 

ご来館に際してのお願い
現在流行中の新型コロナウイルス感染症の予防並びに拡大防止のため展覧会を開催する昭和美術館では、しばらくのあいだ次のとおり対策を致します。 また、ご来館の方々には安心して美術館でのご滞在をお楽しみいただくために、以下の通りお願いを申し上げます。 ご不便をおかけいたしまして申し訳ございませんが、感染症対策へのご協力をお願い申し上げます。
■ご来館の皆様に安心してお過ごしいただくために当館の対策としまして、
・人が密に集まって過ごすような空間を作らないようにするため、状況に応じて入館者数を制限いたします。
・職員はマスクを着用し応対いたします。
・入口に来館者用手指消毒液を設置いたします。
・随時、受付など不特定多数の方の手の触れる箇所をアルコール等で清掃します。
・窓を開放するなど適宜換気をいたします。
■ご来館の皆様へのお願い
・発熱・咳・体調不良などの症状のある方はご来館をお控えください。
・入館時、滞在中は常にマスクの着用をお願いします。
・入口に設置する手指消毒液をご入館前にご利用ください。
・こまめな手洗いにご協力をお願いします。
・展示室内での会話は小声でもご遠慮ください。
・壁や展示ケースなどにお手を触れないようにしてください。
・窓を開けて換気を行うため、外気が高温の日は館内の温度が高く、低温の日は館内は温度が低くなります。お召し物でご調整下さい。
新型コロナウイルスなど感染症の拡大状況により休館することがあります。また、気象などの警報が発出された場合も休館致します。休館の場合はホームページでお知らせいたします。



公益財団法人 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX: 052-832-5851
Eメール: shouwa-museum@spice.or.jp