〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX :052-832-5851

E-MAIL: shouwa-museum@spice.or.jp

施設紹介ANNEX


昭和美術館の庭園内には旧武家の別邸を移築した南山寿荘(愛知県指定文化財)、愛知県の旧家の茶室を移築した有合庵があり、その他にも腰掛待合や珍しいデザインの門などがあります。ぜひ庭園内の散策の際に、建物もご覧下さい。
また、150uのスペースを多目的にお使いいただける別館もあります。ぜひ社中展や教室の作品発表等、様々な用途でご利用ください。
本館 南山寿荘
有合庵 別館

■ 本館/展示室

本館の中には展示室があり、茶道具や書を中心に季節ごとに約30〜40点を展示しております。
庭園は本館を抜けた先に広がっています。
展示室 展示室


■ 尾張藩家老渡辺家の別邸 南山寿荘(なんざんじゅそう)   ※通常は非公開です

尾張藩家老を務めた渡辺規綱(のりつな)又日庵(ゆうじつあん)) によって天保3年(1832年)に建立された渡辺家別邸の茶室と書院を含む建物です。渡辺規綱は裏千家11代玄々斎の実の兄でもあり、茶人としても知られます。 昭和10年頃に現在の地へ移築された後、愛知県指定文化財となり、現在は南山寿荘として当館が管理しています。

貸出時には玄々斎好みの盛り込まれた南山寿荘の2階広間をご利用いただけます。また南山寿荘ご利用の方は、隣に建つ蓬莱亭もご利用になれます。(別途10000円)

南山寿荘内にあるお茶室「捻駕籠の席」についてはこちらをクリック>
南山寿荘玄関 捻駕籠の席(こちらは見学会のみ行っています)
蓬莱亭 2階書院の様子
利用可能時間 10:00〜16:00
間取り 2階書院9畳・8畳  水屋4.5畳
料金(1日) 80,000円


■ 南山寿荘旧正門 認定地域建造物資産

南山寿荘を後藤幸三が住まいとしていた時の旧正門。元は芝居小屋の門であったといわれる物を移設しました。
捻駕籠の席が南山寿荘に対して斜めに取り付けられていることにちなみ、正門の扉も屋根に対し、斜めに取り付けられた、珍しいデザインです。
※こちらの門は現在使われておらず、こちらから敷地内へお入りいただくことはできません。


■ 有合庵(うごうあん) 認定地域建造物資産 ※通常は非公開です

元は愛知県海部郡(あまぐん)十四山村(じゅうしやまむら)(現在の愛知県弥富市)の佐野家(佐野弥高亭(やこうてい))にあった茶室を昭和三十年に昭和美術館設立者である後藤幸三が現在地に移築し、「有合庵」と名付けました。
 有合庵外観  有合庵内部の様子
   有合庵平面図  
 有合庵平面図  有合庵からの庭園風景
利用可能時間 10:00〜16:00
間取り 9畳・6畳  水屋6畳
料金(1日) 20,000円


■ 外腰掛待合 認定地域建造物資産

腰掛待合とは露地(茶室に付随する庭)につけられた休憩所の事です。
茶会の時に待つための腰掛です。


■ 別館

木々に囲まれた空間をご自由にお使い頂けます。
会議や講座、定期的なお稽古や展示会等、様々な用途での御使用が可能です。
書の作品展での使用例  講演会での使用例
 
作品展での使用例  
利用可能時間 10:00〜16:00
広さ 160u
料金(1日) 20,000円(前日搬入、当日撤去の貸出時間も含む)

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX:052-832-5851
Eメール:shouwa-museum@spice.or.jp